講師インタビュー
声一覧

講師インタビュー
声一覧

講師インタビュー
 末松講師 

地元・福岡にUターン。
高齢の母と妻のために、
オンライン家庭教師に。

福岡に住む父が他界して、高齢の母が一人暮らしになった時に、バンザンの担当の方にUターンを考えていることを相談しました。母の介護のためということもありましたが、体が丈夫ではない妻のサポートができるというメリットも後押しに。

スケジュールの組み方も自分次第。私は「週5日、1日 5コマまで」と決めています。1 コマの授業が 80分か 100分ですから、従来の家庭教師だったら移動があるので、物理的に1日5コマの授業は難しいですね。

東京と地方では賃金格差がありますが、地元に戻っても東京で仕事をしていた頃とおなじように収入が維持できるのもオンライン指導の恩恵ですね。母も安心してくれて、妻の体調もよくなってきて、よいことばかりです。

講師インタビュー
 杉山講師 

時間を無駄にしない。
生徒のやる気に
どこまでも寄り添える。

大手予備校講師、訪問型家庭教師に加えて、オンライン家庭教師としての指導をおこなっています。学力の向上、合格に導くことが自分の一番のミッションだと考えているのですが、オンライン指導が劣るとはまったく思いません。

むしろメリットが大きい。自然災害など突発的な出来事が起こってもインターネットがあれば授業ができる。大事な時間のロスがありません。移動がなく、時間の融通がききやすいというメリットは講師だけでなく、生徒もおなじなんですよね。

特に10月〜年末にかけての受験直前期は生徒のやる気が高まる時期。昨年は大晦日も元旦も授業。夜23時開始や、5時30分開始で指導したこともありました。生徒のやる気にとことん寄り添って指導できるスタイルだと思います。

講師インタビュー
 城戸講師 

移動に体力を使わずに、
指導に100%使える。
毎日の生活も充実する。

知人に富山に引っ越すと話した時、すごく驚かれました。「え?仕事はどうするの?」と。「変わらないよ」と答えると、さらに驚いていました。転職するわけでもなく、仕事はこれまで通り。住む場所が変わっただけ。生活環境はいいし、物価も安く、食べ物も新鮮でおいしい。最高です。

地元に戻って、東京と同じ収入が得られるって、すごいことだと思います。以前は家庭教師を1日3件こなすと移動で体力を消耗していましたが、その苦労も一気にゼロに。

昨年ぎっくり腰になってしまったのですが、体に負荷をかけずに指導ができるという利点を改めて実感しましたね。「長男が帰ってきて良かったね」と近所の人に両親が言われている様子を見ると、帰ってきて良かったなと思います。

講師インタビュー
 鈴木講師 

塾で教えていた経験を十二分に活かすことができ、他の仕事と両立できています。

講師募集エリア

講師募集エリア